2022年10月31日

イベント参加予定


『月刊さかな』は、そらとぶさかなによる個人小説創作サークルです。
異世界ファンタジー作品を中心に、エッセイや京都に関する物語などもつくっています。
関西中心に文学作品即売会に参加しています。現在イベント頒布のみで、通販は行っておりません。

□■現在のイベント参加予定■□
・2019/01/20(日) 第三回文学フリマ京都
 …直参。新刊は無いですが、ポストカードを2種無料配布します。

・2019/02/24(日) 第一回文学フリマ広島
 …祝!広島開催!(新刊は出せるか未定)

・2019/09/08(日) 第七回文学フリマ大阪
 …直参。新刊に短編集を予定。

◇◆ 作品紹介 ◆◇
既刊本については『作品紹介』カテゴリをご覧ください。
全作の紹介記事があります。すべて試し読み付きです。

□■過去の参加イベント■□
・2018/10/07(日) 尼崎文学だらけ …直参。新刊無し。おいしいおすしでした。
・2018/9/9(日) 第6回文学フリマ大阪 …直参。新刊『恋する鉄塔』頒布。
・2018/7/16(月・祝) 第7回Text-Revolutions(テキレボ) …委託参加。既刊頒布。
【おしらせの最新記事】
posted by そらとぶさかな at 22:19| おしらせ

2018年09月13日

【イベント参加】18/9/9 第6回文学フリマ大阪

今年も文フリ大阪、お疲れ様でした。
第二回から四回目の今回も楽しく参加させていただきました。
今回からなかもずからお引越しして、新会場OMMビルでしたね。
全体的には、変わらず楽しかったです!

さて以下、雑多ですが感想をまとめます。
...
...
続きを読む
posted by そらとぶさかな at 23:27| Comment(0) | イベントレポ

2018年08月25日

作品紹介『恋する鉄塔』

touhon_web.png

◆ 概要 ◆
『恋する鉄塔』
( 2018年発行 / B6 / 62p / 400円 )
 ★第6回文学フリマ大阪新刊

すべての塔好きに贈る、塔たちのものがたり。
様々な『塔』を主人公にした、ファンタジーっぽい読みきり短編3本を収録した短編集です。
さびしい話、にぎやかな話、そしてかなしい話に、じっくりと浸ってみてください。
※2017年あまぶんにて「さびしがりな灯台の話」をお買上の方には、
 同作収録の為、100円割引にてお渡しいたします。


<収録作>
◆『さびしがりな灯台の話』
…孤独がつきものの灯台なのに、ものすごい寂しがり。
 灯台はクモやビニール袋といった近くのモノ達に、友達になってくれと話しかけますが…。
 他者との会話を通じて、灯台が自分の持っていた「つながり」に気づくお話。

◆『時計ネコ』
…自信家の立派な時計塔がいる町に、かわいいネコがやってきた!
 時計塔は自分よりチヤホヤされるネコに嫉妬して、とんでもない行動に…!
 町を巻き込んだ大騒動のお話です。

◆『恋する鉄塔』
…ある日、受信塔はノイズまみれの不思議な『歌』を聞いた。
 その声に恋した鉄塔は、声の主を探し出すと決心した。
 大きな鉄塔の小さな恋を描くお話です。

↓追記にて試し読みできます。
...
...続きを読む
posted by そらとぶさかな at 21:39| 作品紹介